残業の現状を知ろう

ライフワークバランスをはかる

ビジネスマンの残業の現状

ビジネスマンの残業時間はとても長くなっています。現状を打破しようと、定時に帰れる日を設定したり、夜10時以降は会社の電気を切るなどの措置をしている企業もありますが、労働時間はあまり減っていません。しかし、残業を嫌う若者は年々増えてきており、将来的には、長時間労働は緩和されると思われます。取り締まりも行われるようになってきており、以前よりは長時間労働に対する問題意識が高まってきています。ビジネスの競争が激しいので、いきなり労働環境が良くなることは期待できませんが、徐々に競争よりも私生活を重視する人が増えてきています。

ビジネスの現場と残業

どんな職種であれビジネスとなれば、突発的な注文の増加なので、定時では処理できず残業になることもしばしばあります。強制ではないので、通常であれば断ることもできますが、自分の職務上の評価にも影響してくるので、殆どの労働者は受け入れるようです。団塊世代では、受け入れるのが当たり前で、ビジネスをする現場では、つきものだと考えていました。近年では、その意識もだいぶ変わり、したくない若者も増加し、経済も停滞気味になっているようです。背景にはサービス残業を強制的にさせられた経験があり、良いイメージがないこともあげられます。

↑PAGE TOP