手形割引のリスクとは

手形割引のリスクについて

手形割引にはリスクもあります。

支払いに利用される手形には支払日が記載されており、支払日までに振り出した相手が手形を切った金融機関に入金し、受取人は手形を換金します。支払日前に金融機関に割引を申し出て換金することもできます。その場合、割引手数料と金利分が差し引かれた金額を受け取ることが出来、手形が落ちる日付けには金融機関が額面を回収します。手形割引を行うことは資金回収を早め、支払い等の円滑化が図れます。一つの問題として、万が一不渡りとなると、割り引いた金額を金融機関に戻さなければいけないリスクもあります。

↑PAGE TOP