朝がつらくなる残業

朝がつらくなる残業の実態

ビジネスで残業すると朝が辛い

ビジネスには、様々な職種があります。昔で言う、作業着を着て体を使って稼ぐ、昔で言う、ブルーカラーと呼ばれる職種と体はたいして動かさず、背広のネクタイ、Yシャツ姿で、頭と口を使うホワイトカラーと呼ばれる職種に大別できます。どんな仕事も服装で仕事の良し悪し判断することはできません。共通なのは、仕事が立て込んだり、繁盛記には夜遅くまでする夜残業や朝早くからする早出残業をしなくてはならなくなったりします。どちらを行っても朝は辛いもので、辛い思いをしても業績を上げなくてはならず、ビジネスマンの宿命とも言えるのです。

残業し過ぎはマイナス効果

何か新しいビジネスに取り組む場合、新しいことや分からないことが多く、思うように仕事が進まないことは多いでしょう。そのため、朝から働いたとしても、時間が足りず、夜の時間を使って残業することになる可能性があります。しかし、これでは健康面が悪くなり、逆に仕事の効率も悪くなるでしょう。負の連鎖が続いてしまうので、働く時間は日中であると決めておくと良いです。これによってビジネスを健康な状態で進めることができ、無理をする必要がなくなります。これによって遅れが生じるかもしれませんが、残業以外での方法で解決することが必要です。

↑PAGE TOP