残業するメリット

残業するメリットとは

ビジネスマンとしての残業

ビジネスマンとして、残業することには様々なメリットがあります。仕事を中断させることなく、区切りの良いところまでやれば、効率的に仕事をこなすことができます。納期などを守ることで、信用を得たり、信用が失われるのを防ぐこともできます。また、会社員の場合には割増賃金がもらえるという利点もあります。会社や上司や同僚に頑張っているところを見せることにより、仲間からの信頼も得やすくなります。ビジネスにおいて、残業は欠かせないものです。やり過ぎることはいけませんが、予定をオーバーしてしまったような場合には必要に応じてやると良いものです。

残業と仕事との関係とは

経験の浅いビジネスマンにとって、前月の残業時間というのは、勲章のように感じられることがあります。たくさん仕事をして、その分給与も多い。これによって、「残業が多い=仕事ができる」という錯覚に陥る人が多いように感じます。しかしながら、仕事ができるビジネスマンこそ、限られた時間で行うことができる業務量が多いので、定時での退社が可能なのです。ここ最近、若年層の過労死も取りざたされており、ワークライフバランスの重要性も言われています。デキる人は、限られた時間を上手に使える人です。こういった認識をもっと広めていく必要があります。残っているのがえらいわけではありません。

↑PAGE TOP